組織 | AAMTについて

沿革

1991年4月17日に「日本機械翻訳協会」として設立、1992年6月17日事業の拡大をめざして「アジア太平洋機械翻訳協会」と名称変更。

▲TOP

世界組織

機械翻訳国際連盟(International Association for Machine Translation = IAMT)
 ┃
 ┣ アジア太平洋機械翻訳協会(Asia-Pacific Association for Machine Translation = AAMT)
 ┣ アメリカ機械翻訳協会(Association for Machine Translation in the Americas = AMTA)
 ┗ ヨーロッパ機械翻訳協会(European Association for Machine Translation = EAMT)

▲TOP

役員

(2017年7月現在)

会長

  • 中岩浩巳 名古屋大学

副会長(2名)

  • 飯田仁 東京工科大学名誉教授
  • 小谷泰造 株式会社インターグループ

理事(18名)

  • 安達久博 株式会社サン・フレア
  • 井佐原均 豊橋技術科学大学
  • 石崎 俊 慶應義塾大学名誉教授
  • 宇津呂武仁 筑波大学
  • 熊野 明 東芝ソリューション株式会社
  • 黒橋禎夫 京都大学
  • 坂本義行
  • 隅田英一郎 国立研究開発法人情報通信研究機構
  • 辻井潤一 国立研究開発法人産業技術総合研究所
  • 田中英輝 NHK放送技術研究所
  • 長尾 眞 京都大学名誉教授、国際高等研究所
  • 永田昌明 日本電信電話株式会社
  • 中村 哲 奈良先端科学技術大学院大学
  • 樋口隆一 富士通株式会社
  • 守屋敏道 一般財団法人日本特許情報機構
  • 横山晶一 山形大学名誉教授
  • Key-Sun Choi 韓国 KAIST
  • Virach Sornlertlamvanich タイ SIIT

監事(2名)

  • 古谷祐一 一般社団法人日本翻訳連盟・GMOスピード翻訳株式会社
  • 福嶋健一郎 株式会社クロスランゲージ

機械翻訳課題調査委員長

  • 長瀬友樹 株式会社富士通研究所

AAMT/Japio特許翻訳研究会委員長

  • 辻井潤一 国立研究開発法人 産業技術総合研究所

編集委員長

  • 宇津呂武仁 筑波大学

インターネットワーキンググループリーダー

  • 富士 秀 国立研究開発法人 情報通信研究機構

事務局長

  • 神崎享子 豊橋技術科学大学

▲TOP

会員

(2017年7月現在)

  • 法人会員(31社) 機械翻訳システムメーカー・機械翻訳関連産業ソフト・ツール業・機械翻訳システム流通業・機械翻訳研究機関等
  • 個人会員(66名) 学者・研究者・技術者・開発者・流通業者・ドキュメント担当者・翻訳技術者・翻訳者等

▲TOP

運営組織

▲TOP

労働省所管の財団法人日本翻訳協会は「翻訳士」の資格認定試験機関であり、翻訳者の育成に努めています。財団法人日本翻訳連盟は翻訳者および翻訳業の育成、情報交換等を実施している団体であります。

これに対して当協会は、機械翻訳に関して研究開発から製造、販売ならびに利用活用に至るまで幅広く機械翻訳の開発普及啓蒙を推進している団体であります。

Last Update : 05 May 2017