AAMT長尾賞 | ニュース

AAMT長尾賞について

アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)の初代会長の長尾真先生が日本国際賞を受賞されましたが、同賞の賞金の一部をAAMTの活動に資するようにとAAMTにご寄付くださいました。これを受けて、AAMTでは、AAMT長尾賞を設けることと致しました。

賞の趣旨

機械翻訳システムの実用化の促進および実用化のための研究開発に貢献した個人あるいはグループを表彰します。
いわゆる学会の論文賞や発表賞といった学術賞ではなく、たとえば、高性能の機械翻訳システムを商品化した、機械翻訳システムを使った新しいサービスを開始した、といった貢献を対象とします。もちろん学術的にも意味のある成果を除外するものではありません。

長尾賞規約

▲TOP

第12回(2017年)受賞者

受賞者

八楽(やらく)株式会社

受賞理由

機械翻訳オンラインCATツール「ヤラクゼン」を開発し、翻訳の専業者でない一般の企業人が英文メールや社内ドキュメント、各種マニュアルなどを扱う際に有用となるツールを提供した。大企業を含む100社以上に数万人に上る利用者登録があり、同ツール提供による機械翻訳サービスの利用実績はビジネスでの有用性を示すものであり、機械翻訳の実用化を更に発展させる点で長尾賞にふさわしい。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

授賞式の様子 長尾賞受賞者講演
(湊 幹さん)

▲TOP

第11回(2016年)受賞者

受賞者

株式会社みらい翻訳

受賞理由

機械翻訳の基本技術となっているRBMTやSMTなどを統合して、翻訳精度や速度に見合った自動翻訳サービスを提供する初めての機械翻訳プラットフォームを開発して、B2Bビジネスを実現した点が長尾賞にふさわしい。SNS向けの自動翻訳市場への今後の展開も大いに期待できることを補足する。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第10回(2015年)受賞者

受賞者

株式会社ATR-Trek 業務用途音声翻訳システム開発プロジェクト
パウル・ミヒャエル、鈴木昌広、袋谷丈夫

受賞理由

世界に展開しているグローバル企業において、複数言語の社内用語の扱いや機密保持の仕組みを解決して、そこに音声翻訳技術を活用して、異言語間コミュニケーションを工場内で実現するという実績が高く評価できるということで、産業応用に向けたB-to-Bのための新たな音声翻訳モデルを具体化した功績が顕著である。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第9回(2014年)受賞者

受賞者

(独)情報通信研究機構 ユニバーサルコミュニケーション研究所多言語翻訳研究室
内山将夫、隅田英一郎

受賞理由

語順変換と訳語選択との独立実行による統計翻訳技術の研究実用化ならびに複数企業への技術移転による高性能機械翻訳システムのサービス実現による功績が顕著なためである。これは、長尾賞の設立趣旨である、「高性能の機械翻訳システムを商品化した」,あるいは「機械翻訳システムを使った新しいサービスを開始した」という観点を鑑み,長尾賞にふさわしいと認めるものである。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第8回(2013年)受賞者

受賞者

株式会社バオバブ代表取締役社長 相良美織

受賞理由

対訳コーパスを使う翻訳支援技術の下、「クラウドソーシング翻訳」のためのプラットフォームを構築し、その上に外国人留学生を中心とした翻訳コミュニティを形成し、廉価な人手翻訳を提供するビジネスを立ち上げ、ネット通販会社、IT関連会社、大学などで利用実績を上げていることが認められることから、機械翻訳技術を活かしたインターネット時代の新たなMTビジネスを切り開いた点で長尾賞にふさわしい 。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第7回(2012年)受賞者

受賞者

株式会社富士通研究所 機械翻訳システム研究開発グループ

受賞理由

コーパスベースの言語資源構築技術の研究と開発、および機械翻訳システムの実用化技術に関する研究と開発における長年にわたる実績が高く評価できる。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第6回(2011年)受賞者

受賞者

AAMT 共有化・標準化ワーキンググループ

受賞理由

翻訳支援のためのシンプルでオープンな辞書仕様UTXを開発、公開し、機械翻訳精度の向上ばかりでなく、辞書のinteroperabilityおよび翻訳支援へも有効な手段を広く提供している。今後、ローカライゼーション、オープンソース、教育、行政、医療、法律などのさまざまな分野で活用が期待されるとともに、国際標準となる素地を備えている点で高く評価できる。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第5回(2010年)受賞者

受賞者

「みんなの翻訳」構築・運用グループ

受賞理由

「みんなの翻訳」の利用者コミュニティを立ち上げ、翻訳家の無報酬の翻訳活動を支援し、対訳コーパスの蓄積に大きく寄与すると共に、利用者の機械翻訳の理解と普及に貢献した功績が顕著なため。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第4回(2009年)受賞者

受賞者(1)

東芝ソリューション株式会社 および 株式会社東芝

受賞理由

ユーザー辞書の自動抽出から辞書の自動選択までの優れた技術開発により機械翻訳の実用度を大きく押し上げる功績が顕著なため。

受賞者(2)

AAMT インターネットワーキンググループ

受賞理由

AAMT会員ならびに機械翻訳ユーザに最新の機械翻訳システム/サービス一覧を長年にわたり提供し続け、機械翻訳ソフト/サービスの普及に努め、機械翻訳の発展/啓蒙に寄与した功績が顕著なため。

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第3回(2008年)受賞者

受賞者(1)

シャープ株式会社 情報通信事業本部 要素技術開発センター 機械翻訳チーム

受賞理由

翻訳メモリとハイブリッド翻訳方式を中核としたテキスト翻訳ならびに音声翻訳システムなどの各種形態の機械翻訳技術の実用化

受賞者(2)

日本電気株式会社 および 株式会社高電社

受賞理由

携帯電話向け多言語自動翻訳サービスの事業化

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第2回(2007年)受賞者

受賞者

株式会社国際電気通信基礎技術研究所 音声言語コミュニケーション研究所

受賞理由

統計と用例とに基づくコーパスベース翻訳技術の研究・開発ならびに携帯電話を用いた多言語音声翻訳サービスの事業化

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

第1回(2006年)受賞者

受賞者(1)

沖電気工業株式会社 研究開発本部 機械翻訳研究グループ

受賞理由

エポックメイキングとなる機械翻訳システムやサービスの開発運用

受賞者(2)

日本電気株式会社 NECメディア情報研究所

受賞理由

携帯端末用自動通訳システムの実用化技術に関する研究・開発

授賞式の様子

(写真をクリックすると拡大されます)

▲TOP

Last Updated: 30 Jun. 2016